カテゴリ:イッてきたッス/鹿島鉄道編( 17 )

2007年 03月 10日
鹿島鉄道に乗ってきたッス~番外③
b0082732_2014240.jpgそういえば、こんなの買っていたんだっけか…。

鹿島鉄道の常陸小川駅で、家族の冷たい視線を背中に浴びながら、ついつい買ってしまったキハ600形のチョロQ。
買ってからもう2カ月以上経つというのに、貧乏性の管理人は、もったいなくて開ける事ができましぇん (爆)。

by mogerand-island | 2007-03-10 20:07 | イッてきたッス/鹿島鉄道編 | Comments(0)
2007年 02月 24日
鹿島鉄道に乗ってきたッス~番外②
DD901の壁紙/別テイク…でおます。
●こっち ↓ は、1280×1024 ね。
b0082732_204499.jpg
●んで、こっち ↓ は、1024×768 だべ。
b0082732_2053036.jpg
天地左右の比率が微妙に違うんだべな。あと、1280×960っつうのが欲しい人いたら、1024のヤツを流用してちょ。

by mogerand-island | 2007-02-24 20:11 | イッてきたッス/鹿島鉄道編 | Comments(0)
2007年 02月 09日
鹿島鉄道に乗ってきたッス~番外
やっぱ、モノクロっしょ (疑似だけど w)。(1280×1024)
b0082732_2281475.jpg
b0082732_22263532.jpg


by mogerand-island | 2007-02-09 22:11 | イッてきたッス/鹿島鉄道編 | Comments(0)
2007年 02月 08日
鹿島鉄道に乗ってきたッス~14
さてさて…そうこうしているうちに、電車の時間がやってまいりました。で、コレ。
b0082732_21225470.jpg
こんなん出ましたぁ。「常磐線を走るアメ車」 こと、特急フレッシュひたち!(上1400×1050、下1280×1024)
①マッチョなイメージのヴォリューム感溢れるデザイン。② 「Hitachi Express」 と書かれた文字が浮かぶ派手なガーニッシュ。しかも、光る。③いかにもアメ車にありそうなライト周りのデザイン。④ボディ下部&スカート部の派手な色使い。ちょっと強引だが、管理人の目には 「鉄輪付けたアメ車」 にしか見えない…あ゛、「アメ車電車」 か??
ただ、上のリンク先にもあるとおり、この色には意味がありますので…コイツは偕楽園ですな。
 ◆
1990年代に設計・製造された車両ですから、車内の色使いなんかはエエ雰囲気です。しかし困った事に、コイツもシートが狭い。定員確保のため、シートピッチが485系と同じ…という事は、1960年代の規格で考えられたピッチであるわけです。それはチョットなぁ…。もうちっと考えてほしかったなぁ。
誤解を恐れずに言えば、普通電車のボックスシートの方が広い感じがするぞ。余計に金取って狭い席に押し込むなって。
(※特急料金はスピードに対して払う金であって、スペースに対して払う金ではない。とはいえ、ナンか損した気分になるのが庶民の普通の感じ方じゃて)
 ◆
と、最後にまた 「ブツクサ親爺」 になりつつも、自宅方面へと帰途に着く管理人であった。自分の土産に 「そぼろ納豆」 をしっかりと抱きつつ (爆)。

長々とおつかれさまでしたぁ。明日からまた、ヂミな普通のヨタブログに戻りますぅ。

by mogerand-island | 2007-02-08 00:05 | イッてきたッス/鹿島鉄道編 | Comments(2)
2007年 02月 07日
鹿島鉄道に乗ってきたッス~13
機関庫の奥の方には車庫があります。ホームからはちょっと遠いのですが、よく見たら、キハ714形が入っていました。
b0082732_11261279.jpg
我々のいるホームからは距離があるので、手持ちのカメラではこれが玄界灘限界のカットです。デジタルズームを使えば良かったのかなあ…でも、画質がウーンだしなぁ。なんだかピントも合ってなくてボケ気味で、まるで往年の大女優が出演している映画のシーンを観ているようです (分かります? w)。
コイツも典型的な湘南顔ですね。1953年産ですから、前出のキハ430よりはちょっとお兄さんです。元の職場は夕張鉄道とのこと。遠くから御苦労様です。
鹿島鉄道の列車は基本的にワンマン運行なのですが、このキハ714形だけは非ワンマン車の造りのままだそうです。

※追記/キハ600形に関しての記述を見つけましたので、リンク貼っておきます。コチラ

by mogerand-island | 2007-02-07 11:52 | イッてきたッス/鹿島鉄道編 | Comments(2)
2007年 02月 06日
鹿島鉄道に乗ってきたッス~12
JR常磐線との接続駅である石岡駅には鹿島鉄道の機関庫があります。それでは…と、乗車予定の電車が到着するまでの間、「にわか鉄マニ」 と化して撮影してしまいました。持っているカメラのレベルが全然違うのでバレバレですけど (笑)。
ふと見ると、先ほど同じ列車に乗って来た鉄マニさんたち3人のうち2人が撮影しています。あのー、ジャマしないように気を付けますので、すんませんが隣から撮らせてくださいね (笑)。あとの1人は、機関庫の上を通る歩道橋から撮影するため改札外へ出たのかもしれません。私しゃ、改札を出ると切符を買い直さにゃならんので出ませんがね (歩道橋ポイントからの写真は、コチラのトップ写真を参照)。
b0082732_1532284.jpg
こんな感じで各車両が並んでおりました。(1280×1024)
一番右手が、キハ600形の601。一番古くて、1936年産です…二・二六事件の年ですがな。長嶋茂雄と野際陽子とウディ・アレンが生まれた年でもあります (この3人が同い年というのもシンジラレナ~イ) 。
真ん中が、KR-500形の503 (緑色ストライプ) と505 (空色ストライプ) の2両編成。おそらくこの後、夕方の乗降客が多くなる時間帯に出動するのでしょう (503の前面の電飾デザインにも注目)。
で、左手にいるのが、キハ430形の432です。(1280×1024)
b0082732_16265054.jpg
コイツもそれなりに古いです。1957年産で、元の職場は加越鉄道加越線だったそうな。顔は、典型的な 「湘南顔」 っていうヤツですね。この顔、けっこう好きです。好みのタイプ (笑) です。
湘南顔については、最初に採用した 「国鉄80系電車」 の記事の中に説明があります。一読あれ。

by mogerand-island | 2007-02-06 17:08 | イッてきたッス/鹿島鉄道編 | Comments(0)
2007年 02月 05日
鹿島鉄道に乗ってきたッス~11
あ゙~、ウマシカネタかましたらスッキリした (笑)。
えーと、話はどこまでイッてたんでしたっけ?…ああ、そうそう。キハ600形に乗る所でしたね。すんませんねぇ。時々、トリップしちゃうもんで (笑)。
 ◆
それでですね、ここでまた皆様に 「スマソ m(_ _)m」 と謝らなければなりません。
乗車したのは良いのですが、窓外の写真とか車内の写真とかを全然撮っていないんです。ナンデや!?
窓外についてはよくあるパターンで、座った側の窓外景色がイマイチだったという事です。だからといって、反対側に座り直して外を撮る…というところまでのエネルギーは無かったです。あと、乗客もそれなりにいたので、反対側のシートに移るのはちょっと躊躇しましたです。
それから車内の方ですが、今も言ったように、それなりに乗客がいた (シートは8~9割がた座っていた) ので、あまり撮影だの何だのとやっていられない状況だったとです。
そして、一番躊躇させる気分にしてくれたのが、実は鉄マニさんたちだったのですね。こちらが勝手にそんな気分になっただけなので、彼らに責任とか問題とかは一切無かった事は明言しておきますが…。前出の鉄マニさんたち3人は、まるで申し合わせたように一番後ろの方のシートに三々五々座って、前の方 (管理人らを含む、一般ピープルの方) をじ~っと見つめているんですわ。その視線×3が、何だか妙に痛かったんです。
というような状態だったものですから、唯一撮った写真がコレ (涙)。
b0082732_205090.jpg
終点の石岡駅に着いた降りがけに、鉄マニさんたちの目を盗んでロクに構図も決めんとパシャッ!…とやったヤツです。どっかのオジーちゃん、スマソ。勝手に全国デヴューさせてしまいます (笑)。肖像権の主張は事務所を通してください (笑)。でもジーちゃんは味のある脇役止まりなわけで (笑)。今回の主役は手前の板なんだよん。
今どき、こんな手書きの板を使っている所も少ないでしょう。さすが戦前生まれ…というか、改装の時にプラ板とかで作り直さなかったのね。使える物は使う…と、そこまでシビアなコスト計算をしていたのでしょうか?
まあ、エエ味出しているからヨシとしましょう。そういえば、ホームにあるゴミ箱もエエ味出してます。左上にちょっとだけ写っている網棚も昔ながらの懐かしいタイプですね。オジーちゃんも含めて、いい加減に撮ったわりには全体的に味のある画になった…ということで (笑)。

※業務連絡/ 「~6」 に掲載のDD901と、「~8」 に掲載のKR-502の写真ですが、両者とも色味とかが何だかイマイチだったので、少々手直ししたものを差し替えてアップしますた。よろしければ、どんぞ。

by mogerand-island | 2007-02-05 22:13 | イッてきたッス/鹿島鉄道編 | Comments(2)
2007年 02月 05日
鹿島鉄道に乗ってきたッス~10
b0082732_11151325.jpg!!
b0082732_11152552.jpgへ~ん…
b0082732_11153652.jpgしんっ!
b0082732_13374125.jpg戸ォ~ッッッ!!

















ウマシカネタですまぬ。m(_ _)m  ひかないでね。

by mogerand-island | 2007-02-05 11:20 | イッてきたッス/鹿島鉄道編 | Comments(0)
2007年 02月 04日
鹿島鉄道に乗ってきたッス~9
ウダウダと写真なんぞ撮影 (下のはいずれも1280×1024) していましたら、上り列車が到着しました。常陸小川駅は、この路線の中では大きな方ですので、降りる人も乗る人もそれなりにいます。これが途中の無人駅なんかですと、一日の乗降客が二ケタ程度の駅というのもあるんじゃないでしょうかね?
b0082732_1593664.jpg
なんて言っていたら、上り側の停車位置はあんな所なのね。ヤバイヤバイ、乗り遅れてしまうでないかい (汗)。
あ、そうそう。左側のKR-502の電飾の形が前後で違うのに注目。それからウインドウ上の行先掲示が 「石岡」 に変わっているのもチェックね (502はこのあと、折り返しの上り列車として約20分後に発車しますんよ)。
b0082732_1922284.jpg
コイツはまた、年代モノがやってまいりましたなあ。「キハ600形」 …元々は国鉄で使われていた車両ですね。601と602の2両があるのですが、この世に産声をあげたのは、601が1936年、602が1937年…って、戦前ですがな!
激しい戦火をくぐり抜け、戦後の復興期にも黙々と働いた後、1965~66年に国鉄から当地へ赴任し、その後幾度かの改装を経て現在に至っております。まさに歴戦の強者です。今では、現代の必須アイテムである冷暖房装置もチャンと搭載されております。
 ◆
この写真を撮ったため、管理人が一番最後に乗車したのですが、乗車前に 「スンマセン。写真撮るのでモタモタしてゴメンね」 という意味合いを込めて運転手さんに軽く会釈をしましたら、笑顔で小さく会釈を返してくれました。ほんとに些細な事ではあるのですが、なんか凄く嬉しくなりました。
この場を借りまして、あえて記載しておきます。

by mogerand-island | 2007-02-04 19:26 | イッてきたッス/鹿島鉄道編 | Comments(0)
2007年 02月 03日
鹿島鉄道に乗ってきたッス~8
やって来ました。お待ちかねの下り電車。「KR-500形 (KR-502)」 です。(1280×1024)
向こう側の鉄マニさん。こちらは撮り終わったのですぐにどきますから。すいせんねえ、素人がジャマをして (笑)。
b0082732_1958530.jpg
コイツは1989年に自社発注(!)した、一番新しい車両だそうです。製造したのが新潟鐵工所っていうのが、なんとなく御縁を感じさせます (笑)。もっとも、経営破綻した所まで御縁を感じちゃったのかもしれませんが…(涙)。
車体前面の太陽のような妙な模様は、どうやら電飾らしいです。夜になるとヘッドライトと共に点けて走るのかなあ?…あんまり趣味良さそうじゃないんですけど (汗)。どーなんでしょ?

by mogerand-island | 2007-02-03 21:26 | イッてきたッス/鹿島鉄道編 | Comments(2)